●魂の女性成長支援 浅野塾 1DAY入門講座in東京【2019/12月】ver.5(2019.12.6改訂)

この講座が9年続いている理由

きちんと仕事をこなせても、心にモヤモヤ感がある女性の相談が増えています

 

以上のようなモヤモヤは、「今の自分に満足していないので何か変われるきっかけが欲しい」という心の消化不良が原因となるケースが多いです。

どこに相談して良いかわからず、一人抱え込んでいる女性も少なくありません。そこで、

仕事とプライベートの充実度を同時に引き上げるために、この講座が開催されました。少人数制で手厚い講義が話題になり口コミで全国に広がり現在に至ります。

 

高収入でも会社を辞める女性たち

 

年収1200万円の元・営業職女性(30代)が講座にいらっしゃいました。また有名な上場企業で社長賞を獲るような女性(広報職・30代)も参加しています。

彼女たちが会社を辞めた理由はどんなに稼いでも猛烈に仕事をしているだけでは幸せになれないと悟ったからです。

後悔しないように「収入」「やりがい」「自由」という3つの幸福条件をそろえる必要があります。

仕事は他人からの評価のみならず、自分にとっての意味・意義も女性にとって大切なものだからです。

具体的にどうすればよいか後ほど説明しますね。

まずは下記のモヤモヤチェックシートをご覧いただき現状を把握しましょう。

 

いかがでしょうか?もしも「○」が3つ以上ある場合は、モヤモヤ感が発生し、日増しに強くなる可能性があります。対策をおすすめします。

モヤモヤ感を活かし、自分を変えるチャンス!

 

しかしモヤモヤ感は決して悪いものではありません!
本当の自分の力を最大限に活かせる時期がきたという信号だから。

モヤモヤ感を力に変え、自分をワンランク上へ押し上げる方法があります。

自分のあり方から見つめ直し、自分にしかできないことができるようステップアップすることが重要です。

 

モヤモヤを解消し 自分にしかできない仕事をする方法を教えて!

はい。かしこまりました。
下記の3ステップに従って自分の本当の価値を知ることです。

本来の収入は、あなたの「スキル」と「提供する場所と相手」で変わるものです。

 

ステップ1《キャリアを棚卸する》
「私がやってきたことって何かな?」

これまでの人生経験の中で身についた知識や技術(スキル)をひとつひとつ整理します。
仕事のみならずプライベートの経験も全て棚卸しします。

 

ステップ2《自分の価値を分析する》
「わっ!私にしかできないことだったんだ」

ステップ1で棚卸しした知識や技術の中から、強みや個性などあなたにしかない魅力を分析します。
自分史作成を通じ、これまで気づけなかった自分の価値を探し出します。

 

ステップ3《他人との違いを活用する》
「きちんと稼いで日常も充実させるわ!」

ステップ2で知り得たあなたの強みや個性仕事や収入につながるものに切り替えます。オンリーワンのプロフィール作りが重要です。
自分を必要としてくれる人が分かり、強いやりがいも生まれます。

   

ざっくりの解説になりましたが、おわかりになりましたか?

ここまで読み進めると「私は大した経験もないし、自分にしかない魅力なんて本当にあるの?」と、不安になる方がいるかもしれませんね。

その不安の原因は身近な人からしか自分を評価されたことがないだけのこと。
ご安心ください!

 難しい説明よりも見ていただく方が早いので、浅野塾を1日体験していただく1DAYスペシャル講座をご用意しました。
 

全国でこの講座でしか学べない内容です

講座の内容は強み発見や自分を活かした働き方をする方法を教えるだけではありません。

自分のやることが社会にどんな意味を与えるのか、それをやるのがなぜ自分でなくてはならないのかまで考える内容です。

そこまで深堀りしなくては「自分にしかできないというやりがい」を感じることはないのです。

日本で唯一のこれまでの人生に向き合い続けるプログラム。
青森から沖縄在住の女性までもが口コミで集まっている講座です。

 

講座で得られる10のこと

 

以下は、学んだことを実践して得られることの一部です。

 

新しい自分に変わった女性の実例も紹介

 

 

 

そんな女性達が浅野塾卒業生から生まれました。

彼女たちに共通していることは、小さな自分を卒業して、強みを活かせる仕事をしていることです。

講座では幸せをつかんだ受講生の実例の数々を公開します!

 

「講座に参加するのは場違いかも」と思ったら

 

これまでも会社員、フリーランス、主婦の方まで様々な経歴の方が参加されました。
「学歴」「職歴」「職種」「年齢」はさまざまです。

下記のいずれかに当てはまる人に役立つ講座です。

 

講義後、無理に講座をオススメしたり、教材を押し付けたりしませんのでご安心ください。
講座で自分に向き合う時間をつくってくださいね。

 

講座の内容

※講座でお話することの一部です(予定)

  • 自分では気づきづらい強みを見つける方法
  • 強みを仕事に変えるシンプルな法則
  • 自分にしかできないことを生み出すには?
  • 自信がなくても行動できる心の仕掛け
  • 自由に仕事をするための3つのポイント
 

「自分」「他人」視点による自分に出来ることの棚卸し法を紹介。

 

過去の経験の中から「隠れた実績」を見つけ出す流れを解説。

 

自分史から強みを見つけ仕事に変えた事例を紹介。

「時間軸」「お金軸」をもとに自分らしさを明確にするノウハウ。

オンリーワンの強みをハッキリさせる明日からすべき2つの具体的施策。

自分の強み発見から稼ぎ力に変えるまでの3フレーム。

※講座内容をもっと詳しく知りたい方はここをクリック

受講生から続々と届く喜びの声
「フリーになって初めてまとまった額を稼ぐことができ、自信になっています」※個人の感想です
派遣社員→フリーランスへ転身
西川 由紀子さん
 

◆浅野塾にいらしたきっかけは?

青年海外協力隊や大学院に通っていた私は日本の企業で働くということに6年のブランクがありました。そこで派遣社員の道を選んだ経緯があります。最初は充実した日々を送っていたのですが、業務に慣れるにつれ派遣社員というポジションに限界を感じる場面が増えてきました。最終的な意思決定が出来ない、業務の改善提案なども求められない、自分でなくてもよいのではないかと・・・

続きを読む

思うようになりました。派遣という働き方を続けることに行き詰まりを感じていた頃に浅野塾を見つけて、何か突破口を見つけられればと思い申込みました。

◆入塾中、講義を受けていてどのような心境でしたか?

浅野塾での学びを通して、「女性にとっての仕事」の概念が大きく変わったのが大きすぎる収穫でした。そんな新たに取り込んだ概念を踏まえて考えた時、「私が目指す最高の自分」は、派遣の仕事を続けていく先にはないと確信したので派遣社員としての更新を打ち切り、辞めました。

◆入塾中にお仕事を退職されてしまいましたが不安はありませんでしたか?それを思い切った決断のポイントは?

はい、不安はありました。 ・定時で終われる仕事でワークライフバランスがとりやすい。 ・時給2,400円の派遣社員としてはしっかりめの経済的安定性。

その二つを失うということは正直怖かったです。 経済面は女ひとり暮らしの身としては最後までひっかかる点でした。 幸い、いざ収入がゼロでも1〜2年暮らしていけるだけの貯金を確保できていたので決断しました。

余談ですが、第2回講義の前に髪をバッサリ切って退職決意をお伝えしたので浅野先生は驚かれていました。 実は癌治療で失って以来伸ばし続けていた髪を、病後5年経過したのを機にケジメ的な意味合いで切りました。 1回目の鴫原弘子講師による、ビジネスウーマンのための服飾戦略講義の際、 「あなたのロングはもったいない!」と言われたのもひとつのきっかけでしたけど(笑)

◆転職は考えなかったのですか?

はい。考えませんでした。 企業ブランドなど全く通用しないベリーズで暮らしていたとき、スキルやアイデアを持っていれば個人で柔軟に働き方を選べたり、仕事を自分で作っていく様子を見ました。そんな人生を送ってみたいと強く思っていたからです。

派遣社員からフリーランスの道へ

◆今はどのようなお仕事をされているのですか?

現在の仕事の中心は「実務翻訳」です。3年前から翻訳会社から仕事をもらっており、派遣で働いている間も続けていました。 なので、フリーランスとして何で稼ぐかとなった時に、実務翻訳に注力するのが早道でした。 以前からお世話になっている翻訳会社経由で仕事をもらっています。仕事内容として多いのは、海外ブランド/メーカーの商品ウェブサイト和訳、商品案内パンフレット和訳、企業の社内資料英訳等です。

◆浅野塾を卒業直後はどのような状態でしたか?

浅野塾での学びにより自分の中の軸「世界の多様な価値観、生き様を伝えること」に気づき、パンドラの箱を開けてしまった気分でした。でも実際、フリーランスとしてどう動いていけばいいのかと迷いつつ、ウェブ媒体を整えて発信を始める。書きながら思いを深めていく日々を送っていました。

◆ざっくばらんにお聞きします。今のお仕事、うまくいってますか?

はい、じわじわとですが(笑)。 小〜中規模案件をぼちぼちこなしていた中、大型案件が舞い込んできました。 世界銀行報告書の和訳200ページと、ボリューム的にも内容的にも難易度の高いものでした。 こういう大型案件をもらえるのは、これまでの実績(翻訳の質、納期厳守など含め)があってのことだと思うので、素直に嬉しかったです。1ヶ月超かけてこの案件をやりきったことで、フリーになって初めてまとまった額を稼ぐこともでき、自信になっています。

◆フリーランスになって、どのようにお仕事を集めていらっしゃるのですか?

翻訳会社経由とは別に、クラウド上の仕事案件とスキルのマッチングサイトも利用しています。 フリーになった当初は登録だけして、あまり積極的に使っていなかったんです。 今年になってプロフィールの見せ方を整えた途端、3件続いて契約が成立するという嬉しい流れが起こっていまして!! プロフィールの見せ方が大事だと浅野塾で教わりましたが、発注・受注する両者が対面せずに仕事をすすめるクラウドサービスでは特にそうだと実感しています。 卒プレ前の、見た目戦略撮影会で小原さんに撮影していただいたプロフィール写真の影響力も大きいです。 このサイト経由で、4月から英文ブログ執筆のお仕事も始まります。最初1ヶ月は仮契約なので本契約目指して頑張ります!

◆浅野塾を卒業されてから9か月程経ちますが現在の心境をお聞かせください。

フリーランスになって10か月目。正直、不安が勝っていた時期もありましたが、少しずつ実績を積む中で自信がついているのか現在の心境としてはとても落ち着いています。

「自分の軸」に沿う仕事を形にしていけることへのワクワク感がたまりません。収入的にはまだまだ不安定なものの、仕事への文句・愚痴が一切なくなったのは自分でも驚きです。 いろんな意味で決定権が自分にあるフリーランスという働き方が、思いのほか合っているようです。(旅に出やすいことも含め!) 又、ブログをみて声を掛けてもらい、とあるプロジェクトに参加しています。 SNS発信などを通じて、おもしろい活動、小規模でも世の中に新しい仕組みを作る活動に関われるチャンスも広がり楽しんでいます。

◆今後はどのような活動をされますか?

今後は書籍翻訳を実現させたい野望があります。 浅野塾で見つけた「私の軸」に沿う内容の洋書を訳して世に出したいです。浅野塾の卒プレでご縁を頂いた講談社の舟橋さんとも連絡を取らせていただいており、持ち込み企画書を見てもらっているところです。 実務翻訳の実績を積みながら、それ以外の活動を広げるべく仕掛けを起こしつつという日々です。少しずつ形にしていければと思っています。

◆お忙しい中、貴重なお話ありがとうございました!

「日産というブランドがなくても、自分のブランドだけでいいんだと思えました」※個人の感想です
日産自動車→店舗オーナー社長へ転身
三橋 亜紀子さん
 

◆浅野塾にいらしたきっかけは?

1999年、日産自動車が外資系になりました。カルロス・ゴーンさんの登場です。その後、日産の変化の中で、女性の管理職を増やすという風潮が年々強くなっていきました。浅野塾に来る直近は、「部署全体の何パーセントかの女性を管理職にしよう」と具体的な数字まで落とし込まれるミッションとなっていました。

それまでは優秀な人が、たまたま女性だったとか、個人の実力をベースにした、そういう雰囲気だったのに、今度は「女性の中から」という視点で区切ることに違和感がありました。・・・

続きを読む

元々、あまり昇格には興味がなかったのですが、上の人からの勧めもあり、自分も昇格試験を受けるようになりました。 でもその試験に落ちたとき、合格した人たちの姿を見ていると、「自分はこの会社に必要とされていないな」という思いが浮かぶようになりました。

最後に私は、上司に向かって「昇格試験を受けません」と宣言するようになりました。なぜなら、試験に受かるためのプレゼンの訓練をしたりすることを、必要とされていたからです。

でもそれは仕事なのか、という素朴な疑問が湧いたんです。昇格試験を受けなくなった私は、この会社でどうして生き残ればいいのかという思いが浮かぶようになりました。そのための、自分の強みはなんだろうと思い始めたのです。

私は当時付き合っていた彼(今の旦那さん)の勧めで、浅野塾を知りました。 実はその前に、別の先生のセミナーに参加していました。でも、自分の悩みを解決してくれるのは、この人じゃないかもと感じたのです。 そのセミナーは、出版を目指す色が濃い感じがしたのがその理由です。

それを彼に伝えたところ、自分の強みのことだし、女性だし、それだったら浅野先生だと思うよと、彼が教えてくれたのです。そのときに、たまたま浅野塾の募集のタイミングでした。

◆彼からの紹介で、浅野塾を知ったのですね。では、実際に、入塾してからの心境の変化をお聞かせください。

浅野塾で学んだ「使命力」っていう言葉が衝撃的でした。今の私のこころの核になっています。 日産という会社は大好きでしたけど、その業務の中に、自分の使命は、あるのかなという思いがフツフツと湧いてきました。 そして、ワークを重ねて、自分の強みと言っても、日産の仕事のことしか出てきません。日産の部署でこんなこと、あんなことをしてきたと書いても、それがほんとうの使命なのかと、どんどん違和感が増してきました。

浅野塾の入塾前は、日産の中で活かせる自分の強みを見つけようと考えていたのですけど、日産の中では、それはないなと気づき始めたのが入塾中の心境です。

◆浅野塾で学んだカリキュラムは現在、何の役に立っていますか?具体的に教えてください。

過去からの自分の掘り起こしが一番役に立っています。自分発掘も、そうなんですけど、相手の強みも見抜けるようになっていると思います。

その人のルーツを聞くことによってわかるみたいな。それは今の仕事に直結しているので、すごく役立ちます。現在の私の業務で重要なものは、社員の教育や、マネジメント(管理)です。 その人たちの、悩みとか欲とかが、以前より分かるようになりました。とても仕事に活かされています。

他に役に立っていることは、影響力の有る自己紹介を意識してできるようになったことですかね。今は経営者になりましたけど、支援してもらうことは必要です。そこで、応援してくれる人たちに、自分がどんなことをしてきたかを、しっかりお伝えしないと信用が得られないのです。自分では経歴の中で、何を伝えればいいかわからなかったので、それは元・プロフィール講師の浅野先生のおかげだと思います。

あともうひとつ役に立っていることがあります。「使命の視点」という自分の考え方についてです。

今までは、自分がどうしたいかとか自分のことしか、考えられませんでした。それが「誰のために」という視点をいただいたことから、自分が昇格試験を受けたらどんな人が助かるのかなとか、そんな他人目線の基準が自分の中にも芽生え始めました。

自分が行動することによって、他の人にどんな影響を与えるのか。その視点が生まれたのが大きいです。 その視点があると、自分の軸がはっきりするので、行動するときの迷いがなくなるんです。 自分はやりたいけど、人のためにはならないから、やめておくとか。逆に、自分はあまりやりたくないけど、人の役に立つのであればやってみようとか。判断基準がはっきりしたのでブレなくなりました。

本当の自分との出会い

◆「浅野塾を卒業してから」どのように心境が変化しましたか?

卒業した直後は「使命力」という言葉が、頭にこびりついていました。自分が役に立てる人に対して発信するときには、自分自身をアピールしていいということもわかりました。当時、全国の日産ディーラーの店長教育をする部署に所属していました。その業務の1つに、月に1度、2,100人の店長に向けてメルマガで有益な情報を発信する、ということがありました。私は、それまでは「人財教育支援部です」と「部署名」でメルマガを配信していました。

でも浅野塾の卒業後には、自分の名前も名乗るようにしたのです。

「小島(旧姓)亜紀子からのメールです」と。私という人がきちんと配信していますよという気持ちを込めてです。 そのメルマガの編集後記は、それまではメーカーからの有益なお知らせみたいな通達のようなものでした。でもそれを私の名前で、自分が考えた、お役立ち情報を書くようにしたんです。 そうしたら、メールの開封率が10%以上、上がりました。 それまで、メーカーに対して、ディーラーは必ずしも好意的でないのは知っていました。メーカーは売れ!売れ!ですから。冷めた目でメルマガを読んでいる人もいるのです。

でも「使命力」を学んでいた私は、「日産の誰だれのために仕事をしているのではない。ディーラーの店長のために、私がメルマガを書いているんだ。自分の思いをしっかりと店長に伝えなきゃ」と思えるようになりました。

その思いが、ディーラーの店長に伝わったのだと思います。 この経験から気づいたことがありました。昇格試験を受けないと宣言したからこそ、自分はある意味、楽になりました。私らしくやっていい。上におべっか使わなくていいんだ。私は自分らしく、店長のためだけにやりますと、そういう生き方も、有りなんじゃないかなと思えたんです。ふっきれました。

そうこうしていたら、衝撃的なことが起こりました。私が送信していたメルマガに返信が来るようなことが起こり始めたのです。メーカーからの「メルマガ」にですよ。信じられませんよね。 でも事実です。もう、うれしくなって、使命力って、ほんとにスゴイと心から思いました。 人のために動いたら自分のためになるとは、こういうことなんだと腹落ちした瞬間でした。

そして、このときに思いました。もう「日産」という会社のブランドがなくとも、「小島亜紀子」という自分の名前のブランドでいいのかもしれないと確信めいたものが心の中に浮かびました。もう「日産」っていう名前が自分に必要ないのではないかなと。そう思えるようになれたのは、浅野さんのおかげです。私はそれくらい「使命力」という言葉が衝撃的でした。今は、自分がやることが人のためにならないことはイヤですし、役に立たないのならば、どんなに自分にメリットがあることでも、やりたくありません。

◆浅野塾の卒業直後に結婚されましたが、結婚して何が変わりましたか?

「責任感」が強くなりました。人生の目標を、一緒に歩めるパートナーができたのは大きいです。結婚するとなると、人生の目標の一致は、とても大事だと思います。

私は特に、そこを大事にしていて、結婚する人は、同じ目標を歩める人としか結婚しないと決めていたのです。だから、40歳過ぎたのだと思います(笑) 同じ道を歩むパートナーの健康を考えたりもするようになりました。目標に向かっているのは、自分だけではないということからの責任感です。

◆年齢のことを公表して恐縮ですが、40歳を過ぎてからの結婚で、良かったと思うことを教えてください。

若い頃は、自分のビジョンうんぬんとは考えられなかったので、そのまま突っ走ってしまうと思うのです。 そのような感じですから、もしかしたらパートナーになる人を間違えてしまう可能性もあったかもしれません。でも、40歳を過ぎて、それなりに人生の経験を踏まえてきて、自分の人生のビジョンがはっきりしていたので、それに合う人しか好きになれないし、そんな人としか結婚しないだろうと思えました。

そして、そんな人に巡り会ったときに、そのビジョンの実現スピードの早さが全く違うように思いました。 今、ずっと思い描いていた、自分の夢がどんどん叶います。これは若いうちに結婚していたら少なくとも私には起こり得なかったことではないかなと思うのです。 若い人の結婚を否定するつもりは、まったくありません。でも、年齢を重ねてからの結婚にも、何の卑下をする必要もないと思っています。

なぜ劇的な転身ができたのか

◆今はどのようなお仕事をされているのですか?なぜそのお仕事を選んだのですか?

今は、オーナー業です。ストレッチ専門店のフランチャイズオーナーです。店舗としては比較的大きい規模になります。 元々このビジネスは夫がやろうとしていたのですが、ちょうどその頃の私は「もう日産ブランドは自分には必要ないかも…」と口に出し始めていました。そんなある日「じゃあ君がやれば」と夫が言ってくれたのがきっかけです。

そのときの私は、自分が日産で教育の仕事をしていたことから、できるかもしれない!と思いました。オーナー業というのは、店長とか従業員の教育じゃないですか。財務的なことも詳しいわけではないけど、少しだけ携わっていました。もしかしたら自分の強みが生かせるかもと思えたのです。 もしも浅野塾で学んでいなかったら、今の自分はないと言えます。なぜなら、それまでは使命力もないし、自分の強みもわからなかったので、「私は平社員で実績もないからできるわけない。私は日産にいるから生きていけるのよ」と断ってしまったと思います。

私は思うのですけど、何かチャンスをいただけるときって、自分ではわからないけど、人はちゃんと自分の価値というか、強みを見抜いていると思います。そして、その要素は自分の過去の中に、必ず何かリンクする実績や経験がある。その瞬間には自分ではわからなくても、いただいたチャンスにのっかっていけば、後から考えると、あの経験が今につながっているなと気づく時があると思うんです。

◆起業し、社長になって今の心境はいかがですか?うまくいってますか?

とにかく自分の過去に起こったことや、やってきたことが全部役に立ってるなぁって実感できて幸せです。 日産は本社だけでも社員が2200人位いるんですけど、私はかなり運が良い方だと思います。約5年くらいのサイクルでほぼ希望通りの部署に移り続けることが出来ていました。その経験は、今すべて役に立っている!と心の底から思うのです。

仕事は、うまくいってます。昨年(2013年)の10月にオープンしたのですけど、同期開業店の中では、1~2位くらいの売上を上げていますし、全店舗で見ても、約60店舗中のトップ20位以内くらいには毎月入るくらいの優良店になっています。

◆素晴らしい転身劇ですね。では、今後はどのような活動をされますか?

自分が人の役に立てるものをブレることなく、自信を持ってすすめられるものを提供していきたいです。ストレッチは健康維持・アンチエイジングのために必要不可欠なものなので絶対にお役に立てます。今後は、美容の世界にも関われたらなと考えています。女性が年を重ねてもイキイキと活躍するのと、いつまでも美しくいたいという想いは比例していると思います。今後はもっと加速するでしょう。美容品の素材にもとことん拘った真に美しく健康になれるホンモノを提供していきたいです。

進路に悩んでいる女性がするべきこと

◆最後に、自分の生き方に迷っている女性にメッセージをお願いします。

起業する・しないとか、会社を辞める・辞めないとか悩んでいる人には、自分を振り返って自分の強みは何かを、同じ気持ちを持った仲間といっしょになって真剣に向き合うことを、人生に1回だけでいいのでやってみたほうがいいと思います。 それは、年齢は若くてもいいし、私みたいに40歳になってからでもよくて、一歩踏み出すことに悩んでいたら、まず最初にやることは、それです。

世の中には、強みを見つけるというようなセミナーも多く存在しますけれど、どれも1~2日でやるものなので、無理やりどこか結論を出す感があります。 でも、私が思うに自分の中から掘り起こそうとするならば、やっぱり数ヶ月単位の時間が必要だと思うのです。なぜなら、自分でも忘れていたような、生まれたときからの話は、短時間で思い出せるはずないんですから。

浅野塾は、自分の強みを見つけるだけのところではないと思うのです。自分の強みと関係無くても、自分の過去にお世話になった人を思い出せたり、感謝の気持ちが沸いたりもします。 あのときはわからなかったけど、今は、あのアドバイスの意味がわかるとか。 私は浅野塾を卒業してから、お礼を言おうと、連絡をとった人が何人かいるくらいです。 これからの自分を作るときに、一番大切なことは、自分の強みを見つけることではなくて、自分の過去すべてに価値があり、ありのままの自分でいいんだよと気づくことが大事なのだと思います。そんな気持ちに自然にさせてくれるのが浅野塾なのではないか思いました。

◆お忙しい中、貴重なお話ありがとうございました!

「自分の未来にワクワク・ドキドキできるようになったことが一番の成果です」※個人の感想です
事務職⇒人事の総合職へ(商社)
吉野 幸子さん
 

私はものすごく自分に自信が持てませんでした。長い長いトンネルの中にいるような、そんな気持ちでした。周囲の人たちは私のことを認めてくれていました。仕事でも一目置かれた存在だったと思いますし、友人にも恵まれ周りから見れば何不自由なく幸せな人に見えていたと思います。
でも、それは・・・

続きを読む

周囲の価値観でしかありません。自分自身が心から幸せを感じられないと、意味がありません。自分を幸せにできるのは、自分しかいません。そこまで気づいて思ったのです。 ・・・私の「幸せ」って何だろう?

周囲の価値観に合わせて生きて来た私。長年それを続けているうちに、自分の感情を見失っていました。何が好きで何が嫌いかその判断すらはっきりとできなくなっていたのです。 私が浅野塾に求めたのは、今思えば「自分という人間を知ること」だったのかもしれません。

(浅野塾を受講したことで)思い出したくないような過去の出来事も、今の自分を作るうえで必要なことだったんだと気づけるようにもなりました。そうして自分を受け入れられた時、「これが『幸せ』っていうことなのかもしれない」と思えたのです。

今は、これまでないがしろにしてきた自分の感情を大事にして、生きたい人生を生きよう、という覚悟ができました。人から何を言われても「これが自分」と胸を張って言えるように。

ずっと抱えてきた、余計な重い物を捨てた今、何だかとてもスッキリしています。これからは、自分を本当の意味で大切にしていこうと思います。自分の未来にワクワク・ドキドキできるようになったことが、一番の成果です。

今、一歩踏み出そうかどうか迷っている方には、全力でお勧めしたいです。「人生が動き出す」という感覚を、是非味わってほしいと思います。

◆お忙しい中、貴重なお話ありがとうございました!

「キャリアや資格だけではない自分の強みが転職に役立ちました」※個人の感想です
専業主婦→トレンダーズ(株)へ転職成功
新井 亜季さん
 

◆浅野塾にいらしたきっかけは?

結婚を期に退職したのですが、ずっと仕事を続けていたいという気持ちはありました。 母が仕事をしている環境で育っているので自然にそう思えたのだと思います。

仕事をするということは自分の可能性がどこまであるかを知る機会でもあると・・・

続きを読む

思います。ツイッターでたまたま浅野さんのツイートを読んだのがきっかけでした。その後にブログを読み、この人なら信用できるなと思って受講を決めました。

◆入塾中、講義を受けていてどのような心境でしたか?

浅野塾のカリキュラムでは沢山の理論・事例・メソッドを教えていただけます。最初はそれを自分のものにできるのかどうか不安でした。焦りの感覚でしたがそれはとてもいい焦りだと思います。4ヵ月間という締め切りのある焦りだからです。

◆受講中の心境の変化がありましたら教えてください。

浅野先生の教えの中にあった『自分を大きく見せてもいけないし、小さく見せてもいけない』というものがありました。この教えが私の気持ちをとても楽なものに変えてくれました。 実力以上の自分を演じなくていいんだ、自分の実績や出来ることをそのまま伝えればいいんだという等身大の自分にこそ価値があると気づきました。

◆浅野塾卒業直後に転職をされましたが、学びをどのように転職に役立てましたか?具体的に教えてください。

役職や資格だけではない自分の強みとなる実績を浅野塾で掘り起し、言語化したので、それを使いました。 例えば、前職ではアウトソーシング業務を行う上場企業に勤務していたのですが、最年少でマネージャーになっています。1兆円規模のメーカー担当もしていました。会社の意思決定を社員のキャリアプランとマッチングさせて離職率も3年で70%減になりました。 「人情・根性論」を語る上司の意向を、「具体的」に部下の方々へお伝えするようなこともしていました。 当時、それらは当たり前のことだと思っていたので敢えて口に出しません。そういうことをしていたと言語化出来なかったです。浅野塾に来るまではそんなものが自分の強みであるなんて思いもしませんでした。

自分が他者と何が違うのか、そして自分の足跡を明確に人事担当者に伝えることに役立てました。

◆新井さんは、平成14年度の新卒採用枠に5万人殺到したという超人気企業「トレンダーズ(株)」への転職を成功させましたよね。他に何か特別なことをしたのですか?何社も受けたとか?

いいえ。転職活動は、トレンダーズ1社だけなんです(笑)

浅野塾で「誰が救えるのか?」を徹底的に浅野先生から掘り下げるように言われていたのが大きかったです。 私はトレンダーズに対してどんなメリットを与えられる人物なのかを意識しました。トレンダーズは事務員を募集していたのではなく、業務改善や営業管理の仕事が出来る人材を求めていました。私は自分のキャリアの中から「これはトレンダーズに求められているな」という要素を抜き出して人事担当者へ伝えました。自分に何を求めているか、それに答えられるものは自分のどの要素か、そんな実績やスキルの編集をしたのがよかったのかなと思います。

◆少し話が戻りますが、浅野塾を卒業直後はどのような状態でしたか?

卒業直後は正直、「前の自分に戻ってしまうのでは」という感覚がありました。でもその頃は根拠のない自信がありました。 「やれるかも」という感覚です。浅野先生が常に「新井さんには力がある」とおっしゃってくれていたのが大きかったと思います。自信は自分だけでは生まれないと思います。人から認められて初めて湧き上がってくる。そのころは認められた感がありました。

1週間くらい、ぼうっとしていたのですけど、浅野塾から「同窓会のお知らせ」が届きハっとしました。浅野先生のことですから絶対に卒業生達に今後どうしていくのかを一人づつ発表させる。そう思うと動かなければまずいと思いました。

開催までは1か月ありましたのでとにかく今後どう活動するかを決めようと必死になりました。まさか卒業後もそんなプレッシャーを感じるとは(笑) そういった意味では浅野塾は「目標や締切を与えてくれる講座」かもしれません。

◆結婚生活とお仕事の両立はうまくいってますか?浅野塾の受講生には独身者も多いのでそのコツを教えてください

はい。うまくいってます。よく聞かれる質問なのですが独身とそんなに変わらないと思います。

子供が出来れば別だとは思いますけど。 うまくいかせるコツの一つ目は、何か言いたいことがあるときは感情的にならずに冷静にお願いすること、そして溜め込まずに口に出すことだと思います。二つ目は時間のすれ違いを少なくするように心がけること。私たちは会社を出たときに帰宅時間を必ずメールでやりとりします。お互いが同時刻に帰宅できそうだったら一緒に食事をするために待つとか。それが私の意識していることです。

◆浅野塾を卒業されてから6か月程経ちますが現在の心境をお聞かせください。

日々楽しいです。自分が生きていく上でのいい環境を手にしているという実感があります。

入塾の時の自分と大きく違うのは周りの評価があまり気にならなくなったということ。自信が少しづつ湧いているのだと思います。

◆今後はどのような活動をされますか?

私は独立・起業もするつもりはありません。 今の仕事をベースに28~30歳位の働く人たちにメッセージを伝えていけたらなと思っています。ビジネス面で会社を通じて貢献できることを極めていきますし、プライベートではブログなどで自己発信をしていくつもりです。

◆お忙しい中、貴重なお話ありがとうございました!

「私はこれから何をすべきなのか、ブレない軸を見つけることができました」※個人の感想です
会社員(営業)
大星 智子さん
 

元・ぐるなびの営業職だった大星さん。心の違和感がなくなるまでをお読みください。

浅野塾に来たときは、自分の仕事の仕方がわからなくなり、「自分らしさとは何か」「強みとは何か」「やりたいことは何か」「好きなことは何だったのか」。すっかり迷子になってしまっていました。
(1DAYスペシャル講座)ではたくさんのことを一気にお話になられましたので、メモする手が追い付かず、あっという間の3時間でした。でも・・・

続きを読む

自分力はきっと、自分だけではアップさせることができなさそうだなと思ったのが本音でした。そんなことができるような器用な人だったら、ここには来なくてもできているはずなんです。私は、素直にここは浅野先生に任せてみよう。ついて行ってみようと思いました。

自分の意識の変革が必要だったので本当に苦労しました。自分をまず見つけに行くことに時間がかかりました。33年間、自分が歩んできた道をもう一度振り返って、自分の一貫性や変態性を探します。ちょっとの時間ではなかなか答えを見つけることは出来ないしじっくりと掘り起こしていきました。

そしてやっと一つの答えを見つけることができました。自分の強み。実は気付いていたかもしれないけれど、自分の中で認められなかったことでした。先生からのアドバイスや同期の受講生の方から色々な話が無かったら、まだひょっとしたら迷路の中だったかもしれません。ようやく再出発のスタートラインに立てました。私はこれから何をすべきなのか、軸を見つけることができた今は、そこに向かっていくだけです。今の立場でやるべきことも明確になりました。

「自分らしさって何だろう?」「自分の強みって何だろう?」そう考えて、ふと立ち止まる時が必ずあると思います。その漠然とした疑問や不安を解消する時間を作るのは、自分ひとりではなかなかできない事です。同じ女性としてワンランク上を目指す女性にはぜひ受けていただきたい講座です。

◆お忙しい中、貴重なお話ありがとうございました!

「妊娠前よりも仕事をいただく機会が多くなりました」※個人の感想です
会社員⇒フリーランスへ転身&出産
村西 千恵さん
 

今の私はというと、なぜか妊娠前よりも仕事をいただく機会が多くなりました。やりたいお仕事につながっています。
子育てと仕事で目まぐるしく、自分の時間など皆無な日々を送っていますが、楽しく過ごしてます。楽しく過ごせている理由は・・・

続きを読む

「自分の欲望に忠実になっている」からかなと思っています。

出産前に浅野塾に通っておいて本当によかったと自分がママになり心底思います。迷ったときには浅野塾で教わったことが根底にあります!

出産後、乳児と二人きりの生活で社会と断絶されたような感覚に陥って、私の存在意義は何なんだろうとか、泣き止まない赤ちゃんを前にマンションのベランダから飛び降りたら楽になれるかなと本気で思ったこともありました。

子育てをまったく楽しいと感じられず、楽しめない自分は母性がないのではと悩み、自分の未熟さを毎日突き付けられているようで、自己嫌悪の日々でした…。

あとは、母親として、こうあるべきだという固定概念に悩まされていました。出産後、半年間は産後ブルーにどっぷり漬かってました…
ホルモンのバランスが乱れていたんですよね…このままじゃ、私がダメになる…と思い、働くことにしました。最初は在宅のお仕事をすることになり、徐々に外で勤務することを増やして働くことにしました。

外の空気を吸ったことで、今度は育児と仕事の両立に悩むようになりました。
その時に、私は何が好きで、何を大切にしたくて、どんな自分になっていたのだろうとふと考えました。
浅野塾で自分の人生を棚卸してきたことで、大切にしたいものが思い出しやすくなったのではないかと思っています。

そして、今悩んでいることもすべて後々、価値あるものになるということや、「人生は点ではなく線」ということを思い出しました。浅野塾で固定概念や社会の常識というものをとっぱらっていただいたので、やりたいことに忠実に生きることに対して、母親だからと言って、我慢はしなくていいんだということを改めて思い出しました。

出産後、半年間は自分の欲望もわからなかったのですが、少しずつ自分を取り戻していった感覚です。それは、人生の棚卸をしていて、自分の強みや一貫性が自分自身腑に落ちているからできたのではないかなと思います。

育児も手探りで、悩むことや辛いこともたくさんありますし、まだまだ余裕のない生活を送っています。
でも、迷ったときは自分を思い出せることができる術を浅野塾で学びました。

ぜひ、自分の存在意義に悩んでいたり、私の人生なんだろうって考えていたりするママさんに浅野さんの講座を受けてもらいたいですねー^^って勝手ながら思っています。

◆お忙しい中、貴重なお話ありがとうございました!

これまで講座に参加した方のご職業

【ご職業カテゴリ】 フリーランス(個人事業)・会社員・会社経営・コンサルタント・アルバイト・人材派遣・専業主婦


【職種】 ■会社員 営業・広報・マーケティング・企画マネージャー・人事・一般事務・医療事務・経理・電話オペレーター

■個人事業(フリーランス)、その他 エステテシャン・パーソナルトレーナー・ピラテティスインストラクター・エアロビインストラクター・総合美容サロンチーフコンシェルジュ・美容師・放送作家・社会保険労務士・管理栄養士・歯科衛生士・特許翻訳家・看護師・調理師・薬剤師・NPO法人相談員・医療人材コンサルタント・ITコンサルタント・税理士・言語聴覚士・医療事務・プログラマー・臨床心理士・歯科医院マネージャー・弁護士秘書・投資家

■経営者 美容会社経営者・エステサロン経営者・社会福祉法人代表

■公務員 公立小学校教諭・公務管理栄養士

一部をご紹介しました。

1DAYスペシャル講座の様子
講師の自己紹介
女性の強みを見つける専門家
浅野 ヨシオ

私は新卒入社した会社の仕事に馴染めず、8ヶ月で退職してしまいました。

その後は父の経営する会社に入社しましたが、その仕事にも馴染めず「お前はダメなやつだ」と言われ続ける日々。

そんな父親にコンプレックスがあり自信を失っていたとき、出版社が私の中に潜む「ひとつの強み」に目をつけたのです。
その強みについて書いた本がアマゾン新書年間販売ランキング2位を獲得しました。

当時の私は、いきなり「先生」と呼ばれ激しい違和感を抱くことになります。

でも。

たった一つの強みが見つかれば人生は変わると気づき、自分の強みがわからない人たち向けの講座を開催してみたのです。
やがて生徒と同じ目線になって寄り添う講義スタイルが話題になりました。

次第に「自分の経験を活かした仕事をしたい」という女性が集まるようになりました。年商6億円企業の経営者になった人や10万部超えのベストセラー作家になった人もいます。

彼らはすごい才能があった人たちではありません。本来の自分の力に気づき、その後に夢を叶えた人たちなんです。

「強みを見つけて自信を持って生きる人を増やす」。

それが私の使命です。

 

魂の女性成長支援・浅野塾塾長 浅野ヨシオ

 
 
業界著名人からの推薦の声
「浅野さんのすごいところは、男性視点のビジネス感覚と女性視点の共感感覚、両方を兼ね備えているところです」
「朝活」のパイオニア
株式会社朝6時 代表取締役社長
池田千恵
起業塾や自分の強みを見つける講座は多くありますが、浅野さんほど、受講生ひとりひとりの特性を知り、きちんと見守り適切なアドバイスをし、よりよい未来に導く講師を私は知りません。一般的な
続きを読む





一般的な起業塾では、明確なゴールのもと、利益を追求するための方法について教えることが多いですが、女性がビジネスを通じて得たい成果は地位や名声、お金だけではありません。いかに自分らしい人生を送ることができるかがより重要視されるのに、「こうすれば良くなる」を一方的にアドバイスされても心から納得することができないのです。


とはいえ、「自分らしさ」だけを追求してばかりで利益を考えないでいては、単なる青い鳥症候群です。「自分らしさ」と「利益の追求」両方のバランスが大切です。 浅野さんのすごいところは、男性視点のビジネス感覚と女性視点の共感感覚、両方を兼ね備えているところです。

一方的に「こうすればいいよ」と断言して教えるのではなく、対話の上納得して、受講生自らが自分で決める道筋をつくってくれます。 浅野塾を受講後、きっとあなたは「こういうお父さん、メンターが欲しかった!」と心から感謝することでしょう。 これからずっと続くあなたの人生、浅野塾での経験がきっと支えになると思います。

【プロフィール】 池田千恵 株式会社朝6時 代表取締役社長 福島県生まれ。二度の大学受験失敗を機に早起きに目覚め、半年の早朝勉強で慶應義塾大学総合政策学部に入学。以来、就職活動30社落選、20代で窓際社員の危機などの挫折のたびに早起きの成功体験を思い出し逆境を乗り越える。 外食企業、外資系コンサルティング会社を経て、2009年 に『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』(マガジンハウス)を刊行。ベストセラーとなり、朝4時に起きる「ヨジラー」急増のきっかけとなる。 早起きによる思考整理/情報発信/時間管理/目標達成手法を著書や講演、企業研修などで紹介した実績をもとに、企業や自治体の朝イチ仕事改善をコンサルティングし、生産性向上の仕組みを構築する「株式会社 朝6時」を起業。朝を戦略的に活用し、売上を向上させる方法を指南している。

「浅野先生に教わる女性は必ず何かを見出します。受講生自身に答えを見つけさせるスキルは本当に素晴らしいです」
「静岡ビューティカレッジ」経営
女性活躍推進のプロフェッショナル
曽根原容子

講師の浅野先生は、受講生ひとりひとりの人生に寄り添って、この人はどんな環境で、何を望んでいて、どうなりたいのか… という事をしっかりと把握しています。

そのような中で、受講生自身に答えを見つけさせるスキルは本当に素晴らしいです。 心と心がぶつかり合いながら、

続きを読む





築いていく信頼関係は浅野先生だからこそできるものと思います。

これからもその人に合わせたパーソナルな対応と厳しい中の優しさで、多くの女性の強みを見つけ出して下さい。

そして多くの女性が自分の人生が幸せと言えるよう、悔いの残らない生き方ができるよう、サポートをして頂きたいと思っています。

浅野先生に教わる女性は必ず何かを見出します。

【プロフィール】 曽根原容子 静岡県生まれ。マッサージ・鍼灸師の資格取得後、東洋医学と美容の融合に興味を持ち、東洋美容のスリムビューティハウスに入社。入社1年半後には営業成績で全社員のトップになる。弱冠29歳で西日本統括部長となり、のべ60店舗以上の組織を動かす。売上10億円だった同社を200億円の組織に成長させ、会社の全盛期を築いた最強のマネージャーと呼ばれる。現在は東洋医学とアロマセラピーを融合させたサロン3店舗を運営するとともに、エステティシャン、アロマコーディネーター、ネイリスト、リフレクソロジストを育てるための総合美容学校「静岡ビューティカレッジ」を経営。講演活動も活発に行い、女性のキャリアアップ支援や女性社員の教育研修などを手掛けている。

浅野塾1DAYスペシャル講座

開催日程&概要

■東京開催日程

日程 場所 時間
12月26日(木)
【午前の部】
東京都内 某所 10:00~12:00
12月26日(木)
【午後の部】
東京都内 某所 13:30~15:30
12月28日(土)
【午後の部】
東京都内 某所 13:30~15:30
12月29日(日)
【午後の部】
東京都内 某所 13:30~15:30

※会場詳細についてはお申込み後にお知らせいたします。どの日程も講座内容は同じものです。




参加費
10,000円令和記念特別優待 無料
開催日の4日前まで!

※満席になり次第、締め切ります。お早めにお申し込みください。
開催
セルフ・スタイル株式会社
講師
浅野ヨシオ
セミナー名
浅野塾 1DAYスペシャル講座
テーマ
自分の強みを見つけ迷いなく働けるようになる方法
支払い方法
クレジットカードまたは銀行振込
ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行
キャンセル規定
お申し込み後のキャンセル・ご返金はいたしかねます。ご了承ください。
お問い合わせ
ご不明な点や不安なところなどはこちらのフォームよりお問い合わせください。

◎講座をもっと詳しく知りたい方は下記をクリック

1DAYスペシャル講座の紹介ビデオ

浅野先生の実際のセミナーの様子です。

よくある質問
今すぐ起業したいわけではありません。そんな私でも受講していいですか?
はい。問題ありません。あなたのこれまでの経験の価値や、強みを理解することで将来どのようにするかを選択するためにも受講をおすすめします。
出産・育児のためしばらく社会とつながりがありませんでした。社会に戻るのが不安です。 今の私に何ができるのか、何がやりたいのかわかりません。そんな私でも受講して大丈夫でしょうか?
はい。大丈夫です。これまでの経験や知識を収入につながるスキルに変える方法もお教えします。そのスキルは強い自信を生み出します。安心して受講してください。
仕事の都合で受講できなくなったときはどうすればいいですか?
キャンセルする場合はお申込後に事務局から送信されるメールにそのままキャンセルの旨を返信してください。尚、お申し込み後のご返金はいたしかねますのでご了承ください。
入門セミナーに遅刻しても入場できますか?
参加者の方々にセミナーに集中していただくため遅刻された場合、ご入場できない場合もあります。 時間きっかりに始まりますのでお時間に余裕を持ってお越しください。
申し込みの流れを教えてください。
下記の1~3の流れになります。

1、お申込みフォームからお申し込みいただくと会場や受講料金のお振込先・カード決済(ペイパル)等の詳細案内のメールが届く。

2、受講料金を振り込。(カード決済する)

3、手続き完了
申し込む前に質問したいことがあるのですがどうすればよいですか?
こちらの問い合わせフォームに質問事項を記載してご質問ください。
お申込みはこちら。
お得な早期優待価格を実施中
受講希望の方は下記のバナーをクリックし、お申込みページにおすすみください。
会場でお会いできるのを楽しみにお待ちしております。
最後に・・・

一生に一回だけでいいのです